スポンサードリンク
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサードリンク
 
スポンサードリンク
次回の情熱大陸の主役は、海水魚卸販売業者・石垣幸二(いしがき こうじ)さんのようですね~石垣幸二さんのお仕事は、水族館に珍しい魚を納入し、展示方法もアドバイスされる方のようですね~水族館の魚は、どのように捕獲され、水族館に届けられるのか情熱大陸の放送で普段みることのできない水族館の裏側がみられそうですね!
スポンサードリンク
スポンサーサイト

テーマ : 日記 - ジャンル : 日記

 
スポンサードリンク
次回の情熱大陸は、海水魚卸販売業者・石垣幸二(いしがき こうじ)さんにスポットライトが当てられるようですね!海水魚卸販売業者の方のお仕事ってなかなか見ることができないので楽しみですね!どうやって希少性の魚を探し出し、水族館の水槽まで運び込むのか!しかも、水族館の魚は見せるためのものだから活きがよくなくてはいけませんよね!そして、それをどう見せるのか!水族館に行って何気なく魚をみているけど、きっと水槽に魚が泳ぐまでには大変な行程があるのでしょうね!情熱大陸でそういうところを見てみたい!水族館に魚を納めている石垣幸二さんは、まさに魚のことを知り尽くした水族館の縁の下の力持ちの存在なんでしょうね!当日の放送を楽しみにしています!
スポンサードリンク

テーマ : 日々のつれづれ - ジャンル : 日記

 
スポンサードリンク
衝撃の事実が発覚!ある地域では焼き鳥は焼き鳥ではなかったんですね!焼き鳥というキーワードで思い出したんですが、TBS・安住伸一郎さんの番組「ぴったんこカンカン」で衝撃的場面やっとりました~函館に石塚さんとグルメ旅の場面で、なんと焼き鳥という言葉は豚肉の串刺しを指すらしく、鶏肉を使ったものを指す言葉ではないのだとか…焼き鳥注文したらが出てきたのが豚肉なんて紛らわし過ぎますよね~鶏肉の焼き鳥とでも言わないと一般的な焼き鳥は出てこないということなのか!?地域の人はまだしも、観光客は、頭がこんがらがってパニックになっちゃいますよね~地域の言葉や文化って本当に面白いですね~
スポンサードリンク

テーマ : いま想うこと - ジャンル : 日記

 
スポンサードリンク
宮崎駿監督話題の作品「崖の上のポニョ」の全貌が明らかになる日がやってくるようですね~茂木健一郎さんのプロフェッショナル仕事の流儀で宮崎監督にスポットを当て、「崖の上のポニョ」の制作過程を300日にわたって密着した様子を「宮崎駿のすべて ~ 「ポニョ」密着300日 ~」と題して8月5日に特番で放送するようですね~「崖の上のポニョ」制作密着から宮崎駿監督の秘密がどれだけ明らかになるのか放送が楽しみですね!
スポンサードリンク

テーマ : 小さなしあわせ - ジャンル : 日記

 
スポンサードリンク
猫の世界も人間の世界も一緒ですね~特に、人間の子供の世界でも見ているかのよう…なんだかぼんちゃんの不器用さ加減を見ていると一層ぼんちゃんが愛しく思えますね~一匹でもぼんちゃんに寄り添ってくれるニャンコの登場に期待したいところです!
スポンサードリンク

テーマ : なんとなく書きたいこと。。 - ジャンル : 日記

 
スポンサードリンク
ぼんちゃんを猫仲間の輪に入れてやっとくれ~これではあまりにも切なすぎる…ぼんちゃんとにゃんこ達の間を取り持ってくれる仲介役はいないのかねえ?~じきに慣れてきて気心が知れてくることを願うけど…
スポンサードリンク

テーマ : 主婦の日常日記 - ジャンル : 日記

 
スポンサードリンク
猫の世界にも人間関係ならぬ猫関係があるようですね~子猫の運搬姿ですか~実物私も見てみたい!それにしても、ぼんちゃんは今、疎外感を感じているのかも…せつなすぎる~ぼんちゃんが子猫ちゃんたちと心からうち解ける日が来ることを願っています。人も見た目では判断できないように猫もきっと…
スポンサードリンク

テーマ : 今日のつぶやき。 - ジャンル : 日記

 
スポンサードリンク
次回の情熱大陸の主役・ロボットクリエーター・高橋智隆(たかはし ともたか)さんは、グランドキャニオンで自身が考案したロボット・エボルタくんが530メートルという断崖をつり下げられたロープをEVOLTA乾電池2本で登りきったということで話題のニュースになりましたよね!これまでにはないロボットを創造する高橋智隆さんという人物を情熱大陸で取り上げるということでどこからその発想が生まれてくるのかその源を知りたいですね!
スポンサードリンク

テーマ : 主婦の日常日記 - ジャンル : 日記

 
スポンサードリンク
ウルルン滞在記が今秋をもって終了のようですね!日曜日の夜10時はウルルン滞在記が定番となっていただけになくなってしまったら寂しいでしょうね~文化・習慣が違う世界を旅するホームステイ番組は新鮮でしたよね~14年目に突入した長寿番組「ウルルン滞在記」は、時には涙ありで笑いと感動もウルルン滞在記は届けてくれましたよね~司会の徳光和夫さんが涙もろいところや石坂浩二さんの博識がみどころでもありましたよね!それになんといっても、下條アトムさんの独特のナレーションは印象深かったですね!ウルルン滞在記が終了するのは、寂しいけど良い番組だからまた復活して欲しいですよね!最終回のウルルン滞在記はどんな内容で最後の旅人は誰になるのか注目ですね!
スポンサードリンク

テーマ : ひとりごとのようなもの - ジャンル : 日記

 

| Home |


 BLOG TOP 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。